2017年09月15日

九州のお茶



九州のお茶、あなどれませんね。遼河はるひさんとお茶のバリスタ「淹れ手」さんの対談を担当しました。

日経新聞 九州のおいしいお茶


posted by 椿納言 at 20:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

北千住・さかなや

P1000532.JPG

今宵は雨になっちゃいましたが、北千住で魚が美味しい「さかなや」さんへ。
中学の同級生と一緒に気の早い暑気払い(笑)。

この刺身10点盛り、3600円ってかなりよくないですか♪
日本酒ラインナップがまたよくて、「獺祭、十四代、飛露喜」の見比べセットもありました。
会計してみれば、ひとり4000円ちょっとというリーズナブルさも北千住の良さ!

スマホ忘れて、今日の写真は久しぶりにガラケーで撮ってみました(笑)。


posted by 椿納言 at 22:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

よく歩いたあとは美味しいもの

チリクラブ.jpg

夜はシンガポール料理でチリクラブが旨い!
お腹一杯ですが、これからマンゴーかき氷食べるぞー。


posted by 椿納言 at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

喪明けとともに

DSC_1424.jpg


喪中って、いつまでですか・・・?
先日お会いした、奈良の神社の宮司さんに尋ねたところ、
皇室を例に取り、仏教でいうところの49日、神道でいうころの50日祭が終われば喪明けだそうです。
ということで、初詣もよし、明けましておめでとうもよいのだとか・・。
じゃあも喪中葉書ってなんだったんだろう・・・とも思いますが、
神仏は厳しい戒めよりも、優しさが先なんだなあ、とちょっと感じています。
年賀状も喪中の人に出すのは失礼ではないそうですしね。

写真は忌明けにわざわざ送っていただいた、母が好きだった柿の葉寿司。
そして私が絶賛した、奈良の山奥で作っている石窯パン。
いつもいつもありがとうございます。
来年はなんとか、お返ししたい次第です。

posted by 椿納言 at 17:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

母はなくともカニは来る!

DSC_1208.jpg


小浜の叔父(母の弟)からカニが届いた!
今年もありがとうございます!




posted by 椿納言 at 11:27| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

スペアリブと金針菜の中華スープ

DSC_1185.jpg


先日の中華料理撮影で習ったスープを作ってみました。
スペアリブ、ユリの花のつぼみを乾燥させた金針菜、大根、キクラゲを鶏ガラスープと塩だけで味付けしたシンプルな味わい。
シンプルなだけにはまっています!

あ、このページの原稿書かなきゃ〜。
posted by 椿納言 at 10:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

梅仕事2013

梅仕事2013.jpg

さて、梅を一晩水につけたら、
翌日は何があろうと、漬けなければなりません。
宇都宮から帰って早々に、
梅酒2瓶、梅干し4Kg(ジプロックで簡単に漬けられるんです)を漬けました。
あと1kgは夕べ母に渡し、こちらは「甘露煮」にしてもらいます。

かの辰巳芳子さんも、梅仕事の大切さを力説していましたが、
私にとっても、季節を感じ、味わう大切な時間になっています。

8年目になりました。
毎年恒例、収穫量を貼っておこう。
2013 7.2Kg
2012 4kg
2011 5.2kg
2010 6kg
2009 3kg
2008 9kg
2007 4.4kg
2006 3kg



posted by 椿納言 at 22:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

柿と柿の葉寿司

PC050425.jpg

両手で包み込めない、ソフトボールほどもある大きな柿を、奈良の宮司さんからいただきました。
渋柿なのでじっくり熟させてトロトロになったところをスプーンでいただきます。
昔、谷崎潤一郎の『吉野』という短編を読んだ時、この「熟柿」が出てきました。「じゅくし」ではなく「ずくし」。農作物があまり取れなかった吉野の、とっておきのスイーツだったようで、山里の秋の甘さ、今から楽しみです。
柿の木の副産物「柿の葉寿司」も。この「さつき屋」さんのものは、酸味がなく、鯖の脂が濃厚。とってもおいしいのです。
いずれも、感謝していただきます!
posted by 椿納言 at 20:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

梅もぎ日和2012

P1000915.jpg

今年ももいできました。
近所の梅林での梅の収穫。

春が遅かったせいか、木の剪定がまったくされていないせいか、
今年は梅が少なかった。

でも実はぷりっとして大きく、ばっちり4kg収穫!
今年は梅酒1本と、残りは梅干しにする予定。
さあ、梅仕事だ〜。

一応、毎年の収穫量を貼っておこう。
2012 4kg
2011  5.2kg
2010 6kg
2009 3kg
2008 9kg
2007 4.4kg
2006 3kg

もう、7年になるんだ。
来年は梅林、大丈夫かなあ、
すっかり周りは建売住宅に囲まれてしまったし。



posted by 椿納言 at 12:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

しょうがごはん



先日、奈良のアンテナショップ「奈良まほろば館」にて、丹生川上神社下社の宮司さまの講演がありました。
ふとしたご縁で、あれこれ小さなお手伝いをさせていただいているのですが、今回は、講演を聴きに来た参加者全員に、宮司さんから素敵なプレゼントがありました。

しょうがとお屠蘇.jpeg

それがこちら。
「しょうがごはん」の素。 赤ちゃんのこぶし大の高知産生姜、糸寒天、無農薬のしいたけと昆布から取ったお出汁。
生姜をできるだけ細い千切りにしたら、三合のごはんにまぜ、さらにバター20グラムを入れて炊く。
生姜はカラダを温め、代謝を上げるので節電の冬を過ごすのにもってこいの素材。それにダイエットにもいい。
糸寒天はふっくら炊くためのコツ。こちらも食物繊維なのでお通じやダイエット向き。

しょうがごはん.jpeg

我が家はさらに先日神社からいただいた玄米をまぜこんで、日本最古の水の神様のありがたさをたっぷり含んだ「しょうがごはん」に炊きあげました。

これが驚くほどにおいしい!!
出汁とバターがよくあうことと、生姜の香りがなんとも食欲をそそります。

ダイエットにいいと書きましたが、結局はおいしいからおかわりしてしまうんですよねー。

生姜ごはんというもの、私ははじめてのごちそうでしたが、関西方面出身の母は「昔よく食べた」とのこと。
それもお粥だったとか。
関西方面ではポピュラーな冬の味なのかもしれません。

ちなみに上の写真に写っている「お屠蘇」。これも初体験。いろいろな漢方の生薬なのですよ。
お屠蘇とは、ただ酒を飲むことと思っていたワタクシ。
この年になってもいろいろと知ること学ぶことが多いのです。


posted by 椿納言 at 22:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

法事料理

P1000256.jpg



昨日の法事の料理。
こちら保育園児の甥っ子用に頼んだお子様ランチ。

えーーーっっ!これお子様用〜??
私、これがいい!!

そう叫ぶ叔母ちゃんたち・・・。

私もそう思いましたよ。充実すぎる・・・。
大きさも大人用の松花堂弁当の入れ物だし。
これで1500円なんて・・。
さすが下町です。
ちなみに大人用の料理はすっかり撮り忘れました・・・。

ちなみにこの「玉子家」。
荒川越しによくスカイツリーも見える。
焼き鳥がとってもうまい!
夏はビアガーデンもやっています。
来年の夏はツリーのライトアップが楽しめることでしょう。



posted by 椿納言 at 08:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

奥会津の野菜

P1000255.jpg


地元のS市はなぜか「からむし織の里」福島県昭和村と姉妹都市。
毎月一回、野菜や惣菜の直売のため、会津なまりのオッチャンたちがトラックを飛ばしてやってきます。

今日は巨大な白菜ひと株200円、巨大な日本カボチャ(外皮が緑でなく黄色)1/2個100円を購入。
実家と叔母の家とで3軒で分けました。一家族100円! 写真のカボチャは1/2のさらに1/2。
日本カボチャは固いからと、オッチャンが全部煮物用に切ってくれました。

今年は昭和村にとってもつらい一年だったけど、毎月おいしいものを届けてくれて、ありがとうございました。
今年の直売は今日でおしまい。来月からは雪のためお休み。再会できるのは来年6月です。
また楽しみに待ってます。


posted by 椿納言 at 18:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

山中旅館・古月

P1000106.jpg


今日は散策講座で谷中へ。ランチは隠れ家薬膳中華の古月。
いやあ、いつ来てもおいしい!
中華とは思えないやさしい味わいと、攻めている技がすばらしいです。
posted by 椿納言 at 00:06| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ホットケーキにブルーベリー

P1000039.jpg


佳境が続いている、今日この頃。
食事の支度もめんどうだが、ちょっと作りたくなるのが、ホットケーキ。
ええ、パンケーキじゃなくてホットケーキさ。
それも牛乳入れないで水でつくる。
コクがなくてさっぱりした仕上がり。
そのうえに、先日また作った大量のブルーベリージャムをトッピング。
これが絶妙にうまい〜。

あまり人間食をほしがらない愛犬テンもこれは大好き。
デスクの下でジタジタしています。

そう、パソコンに向かいながら食べているんだな、これが。


posted by 椿納言 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

今年の梅干し2011


今年も収穫した梅を使って、梅干しを漬けた。
結果はこちら。

2011今年の梅干し.jpg

どうみても赤紫蘇が足りなかった!!
いつも市販の赤紫蘇を買っているのだが、なんだか分量が違っていたらしい〜。

とはいえ、紫蘇はゆかりに、赤梅酢は浅漬けに使えるので、夏バテ予防にぴったり(といいつつ、夏バテしたことは一度もないのだが・・・)。

道の駅に行ったら、プリプリの新生姜を売っていた。
さっそく買って梅酢に漬ける。

新生姜.jpg

夜にはおいしい「はじかみ」になるぞ!
キーンと冷えた冷酒が合うかな。




posted by 椿納言 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

ブルーベリーのコンフィチュール

P1000028.jpg


忙しくって、1週間買い物に行けなかったら、米も味噌も油もなくなり、冷蔵庫は空に。
まずはJAに野菜を買いだしに行くと、
「完熟しすぎて、もう売れないよー」とこぼしている店員さんがブルーベリーを手にしていた。
いやあ、よく熟れていて黒くておいしそう。
このところ眼精疲労が激しいので、いっぱい食べたいと思っていたところ。

「ジャム」にするから、ください!!とお願い。

500gくらい入っていて、わずか300円。
安い〜!

家に戻って即座に煮てわずか10分。
いい具合にできました。
粒がかなり残っているので「プレザーブ」って感じでしょうか。

それにしても最近、なぜジャムを「コンフィチュール」ってフランス語でいうのかしら。
絶対、正しく発音できないと思うけど。



posted by 椿納言 at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

野菜がうまい!

201107072113000.jpg


先日、長野出張の際、さくらママに愛犬テンを預かってもらった。
そのお礼にお土産として関越道甘楽PAで買ったナスにフルーツトマト。
これが安くてめちゃめちゃうまかった。
隣の横川SAの野菜売り場が都会並に高いので、野菜買うなら甘楽がおすすめです。
なんたって、ナス10本くらいで210円、フルーツトマト600g以上あって300円。
あまりに安いお土産なんで申し訳ない気もするが、「おいしかったのよー」と喜んでもらえたので、よかったかな。

家の近所では、最近は道の駅のJA直売所がお気に入り。
写真のキュウリ4本120円、ナス4個120円、りっぱなインゲン200円、トマト6個くらいで300円。
こちらも採れたてなので、とってもうまい。
以前はご近所の主婦が自転車でやってくるJAだったのに、最近は都会から車でやってくる人も多く、週末はレジ通るのに20分もかかるほどの大盛況。
ブルーベリーやプラムもK口市や私の住むS市でも作っているのよねー。
東京近郊の農家もがんばっているのだ。



posted by 椿納言 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

たいやき


とりあえず火曜日までがいろいろな仕事の山場。
今日は粘土教室。毎回楽しいが忙しい〜。
明日の朝までにちょっと長めの原稿も上げなければならない。
なんだか頭が働かなくなってきた。
きっと糖分不足だ!
といってこの時間にたいやきを食べる私。
いいわけでしょうか、いいえ、だれでも・・・。

posted by 椿納言 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

梅もぎ日和

11.06.04梅2.jpg

今日は日差しと風が心地よい、まさに梅もぎ日和の一日。
犬散歩仲間と近所の梅林へ。
この梅林の周囲、去年までは雑木林だった(近所のおばあちゃん曰く、軽井沢みたいよね)のだが、次々と建て売り住宅が建ち、梅林も風前の灯火。

去年の猛暑のせいで和歌山の南高梅などは不作らしいが、ここの梅はものすごい豊作!
実の大きさも抜群で色つやも最高にいい。
3人でがんがん梅をもいだ。
木の手入れをしていないので、高い場所にしか梅の実がついていない。
脚立や高枝切りばさみも登場して、めいっぱい取った。

11.06.04梅1.jpg

今年は5.2kg。
もっとたくさん取れたのだけど、今年は父の元に来ていたヘルパーさんに差し上げる「青梅煮」の必要がなくなったため、やや少なめ。
これでブランデー、ウォッカ、焼酎の3種類の梅酒、青梅煮、梅干しを作る予定。


ちなみにこの6年間の収穫をブログの過去記事で見てみると・・・。

2011  5.2kg
2010 6kg
2009 3kg
2008 9kg
2007 4.4kg
2006 3kg

今年はがんばれば2008年の9kgに匹敵する量が取れたと思う。
あと何年収穫できるかなあ。
地主さん次第なんだけど。




posted by 椿納言 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

神田界隈でおいしいもの


先日、散策講座で神田界隈を歩いてきた。

神田須田町あたりには戦前から続く飲食店がいくつもあって、それらをめぐるのが生徒さんたちにも好評だった。

当日食べたものは、
神田明神前の「天野屋」の冷たい甘酒。麹のほんのりした甘さは冷やしがいけるのだと、はじめて知った。甘酒は酒粕派の私だが、これはもう一杯飲みたいと思った。

かんだやぶそば.jpg

「かんだやぶそば」で「じゅんさいそば」。藪蕎麦の本家は「せいろ」もいいが、この季節限定蕎麦のセンスがいい。じゅんさい、オクラ、ミョウガと蕎麦がなんだか絶妙だ。昼からビールもつけちゃおう。こちらはエビスが定番です。


竹むらのあげまんじゅう.jpg

デザートは「万惣」のホットケーキもおすすめだったのだが、講座メンバーの多数決により、
「竹むら」へ。
ここの「あげまんじゅう」は神田神保町から万世橋あたりを闊歩していた学生の頃からのお気に入り。近くのしゃぶしゃぶ屋で和服ウエイトレスのバイトしていた時は、和服のままでかけて、何度か建物を撮りに来ていたカメラマンのモデルも務めたよなあ。

竹むら外観.jpg

いずれも、昔ながらの東京の味。
3つ星を狙わずとも、おいしいものがあるのだ東京には。

須田町界隈のうまいものについては池波正太郎の「むかしの味」をご一読あれ。
掲載されている全国の店のいくつかはなくなってしまっているが、東京の味はほぼ完璧に残っている。
飲食店の栄枯盛衰は激しいが、確かな味がちゃんと引き継がれているのはうれしいものだ。





posted by 椿納言 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うまいもの草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする